美肌と睡眠の関係

2014年9月20日 / 未分類

美肌と睡眠には深い関係があります。睡眠が十分足りていると肌の状態が良くなります。熟睡している間に成長ホルモンが分泌して、体の機能を正常に保つ働きをします。成長ホルモンが不足すると新陳代謝が悪くなり、お肌のターンオーバーのリズムが乱れる原因になります。ターンオーバーが乱れると古い角質が残りやすくなって、シミやしわ・くすみ・たるみなどの肌トラブルの原因になるので、睡眠をとることは肌にとってとても重要になります。成長ホルモンは髪の健康を保つケラチンやコラーゲンの分泌も促すので、美髪効果もあります。お肌のゴールデンタイムといわれる時間帯があるのですが、夜22時から午前2時の間のことを言って、1日のうちで成長ホルモンの分泌が盛んになる時間帯になります。この時間帯に睡眠をとるようにすると美肌効果がアップします。睡眠中は血液の流れの量が増えているので、血液に乗って成長ホルモンが体の隅々まで運ぶことができます。寝る前にきちんとお肌のスキンケアなどをおこなってから就寝するとより美しい肌に導いてくれます。ただ寝るだけではなく、質のよい睡眠をとることが大切になります。遅い就寝をやめて早寝早起きをすると美肌にも健康にも良い効果があります。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る