グレリンとの働き

2014年9月20日 / 未分類

グレリンというのは人間の胃の中や視床下部などで分泌されるペプチドホルモンのことで、この物質の働きは成長ホルモンの分泌を促進することや食欲増進、消化器の働きをコントロールすること、胃酸の分泌を良くする働きなどがあるとされていて、人間が生命維持をする上で非常に重要な物質のひとつであるとされています。
現在の医療現場ではこの物質を利用して病気の治療に役立てるための研究や実験が盛んに行われています。この物質は食欲をコントロールする働きを持つものなので、将来的には食欲を抑制する物質のレプチンなどとともにダイエットに悩む女性のための薬として生まれ変わるかもしれません。
この物質の分泌が盛んなときには成長ホルモンの分泌が促進されて、体の成長が促されて、男性の場合には筋肉が発達して、女性はふくよかな体つきになる助けをします。また消化管の働きを活発にするのは人間が命を守るために食物を短時間でエネルギーに変えるために、この働きを利用すると摂取した食事がエネルギーになるまでの時間を短縮できるので、生活習慣病の治療に役立つ可能性があります。また胃酸の分泌を促進する働きは胃炎を引き起こしますが、食事を消化するためには必要な働きです。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る