メラトニンの働き

2014年9月20日 / 未分類

美容に一番大切なのは『睡眠』といわれていますが、これは科学的にも証明されるものがあり、ゴールデンタイムと呼ばれる22時から2時までの時間に睡眠をとると、より効果的だといわれています。睡眠時には脳の中で様々な物質が活動を起こし、それが体内に循環するため、美しさを保つ鍵となっているのです。女性の場合、肌荒れや生理不順などの問題はホルモンバランスの崩れが原因とされることがありますが、これはホルモンが減少していることが問題となっています。『メラトニン』もその中の一種で、これは一般的には美白効果、つまりメラノサイト(黒色細胞)の生成を抑制する。という働きをしてくれることが知られています。しかしこれだけではなく、細胞を老化させる活性酸素を除去する働きが強いといわれており、女性特有の問題だけではなく、肌荒れやアンチエイジング、快適な睡眠がとれることなども発見されています。美容にとっては欠かせないホルモンの一つなのです。また美容だけではなく、免疫系も強める働きがあり、ガンなどの原因を抑制する効果もあるとされています。
一日の疲れを癒す睡眠時には、脳の中で様々な奇跡が起こっているといわれており、睡眠の重要さを改めて実感できるでしょう。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る