睡眠中にキレイになれるのか

2014年9月20日 / 未分類

上質な眠りをとると、美しい肌を作ることができます。眠りの質はキレイの質も左右してしまうほど大切なものなのです。早く寝てたくさん寝ることが必ずしもよいということではありません。睡眠中にキレイになるには、眠り方が大切になってきます。たくさん寝ているのに疲れが取れていない、体のどこかがいたい、寝返りのたびに起きてしまうなどというときには脳が熟睡していないので疲れも取れないし、肌にもよくありません。しっかりと眠るためには、寝ようと思ったときに眠くなるようにするのがよいです。そのためには毎日寝る時間を決めて規則正しく生活するようにして習慣化することで、時間が来ると眠くなってくるようになります。そうはしていても悩み事や考え事、ストレスが溜まっていたりすると眠れないこともあります。そんなときにはゆっくりと好きな音楽を聴いたり、リラックスできる環境を作るようにすると良いです。無理やり眠ろうとすると神経が敏感になってしまったまま眠るので、質のよい眠りにはなりません。肌のゴールデンタイムは午後10時から語是n2時といわれています。できるだけその時間帯に合わせて、自然に眠りにつけるように工夫することでキレイになることができます。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る